相続税専門の税理士について

税務に関する専門家として有名な税理士は、個人や法人の税務申告や節税のアドバイス、企業の納税対策を行うためのパートナーとして業務を行っていますが、全ての税務関係が的確に判断できるというわけではありません。税関系においては法律に大きく関わるために複雑な処理が必要になり、税務申告や節税といったやり方でも常にひとつの方法というわけではないのです。相続税もまた様々な処理が必要となっていて、全国で7万人以上がいるとされる税理士でも専門性が必要になることで、得手不得手が大きくなってくるのです。相続には遺族の預貯金だけでなく土地や建物といった不動産に証券、自動車や価値のあるコレクションなど実に様々なものが発生します。お金だけであればそこまで難しくはありませんが、財産のほとんどが不動産となっていることが多く、所有や購入、売却の際にも必ず税金が発生するので、これに理解が深い者でないと処理することが難しくなります。そのため、税理士にお願いするには、少なくても不動産に強い事務所を見つけることが重要となります。その他にも専門的な知識があるか、実務の経験が豊富か、税務署対応に優れているかといった条件も確認しておく必要があります。特に税務署対応をしっかりしていないと、相続に必要な申告書を作成できても、その後に不明な点があれば何度も税務署に足を運ぶことになってしまいます。実務経験に関しては事務所の歴史にも繋がっていて、古くから地元で営業している事務所であれば問題はないでしょう。ただし、法人の税務申告だけを請け負っているようなところでは、経験が不足して失敗することもあるので、まずは実績があるかどうかを調べておく必要があります。大がかりな相続になってくると税理士では手が届かず、場合によっては弁護士の出番がやってくることもあります。この際に素直に弁護士を紹介してもらえるのであれば問題はありませんが、横に繋がりがなければ依頼してもお金だけ取られて無駄になるということも少なくありません。問題が起こっても事務所内で解決するのではなく、多くの繋がりとのやり取りで処理してくれる事務所の方が優れていると言えるでしょう。当然ながら相続税申告の実績が多いところが良いですし、加えて料金が安いというのも大切です。しかし、残念ながら高品質の申告書には料金がかかることが多いため、安ければ良いというわけではなく、料金は適正であるかという点も重要になってきます。

themanwhoneverdied