税理士に相続業務の依頼の流れ

書類

相続税に強い税理士への相談の流れ

税理士に相続業務の依頼の流れというのは、利用を検討する人にははじめに知っておきたいないようになります。まずは初回の面談の予約をするため、電話利用か公式ホームページ経由で、初回面談希望の予約をします。初回の面談では相続に関しての話をしますので、大体の相続財産のこと、不安に感じていること、現在の状況や相続人の関係などを話します。利用事務所にもよりますが、30分から1時間ほどの無料相談を儲けいることが多く、それ以上は時間で費用の発生となります。

納得のいく内容であれば契約となり、多くの場合はここで着手金を入金することになります。目安としてはだいたい、10万円程の着手金の用意を必要とします。契約度に改めて面談を行いますが、この時には無料相談の時とは違い、もっとしっかりとしたタイムスケジュールの説明を受けることになります。相続税申告をするまでの契約を始め。計算の仕組みや方針という基本的な説明になりますので、大切な時間になります。

相続相談には書類が必要

申告のため必要となる書類の案内もありますし、そのための収集方法などの説明もあります。こうしたことは初めてという人が大半ですので、初心者でもわかりやすく説明はあるので、丁寧な説明でスムーズな進行を目指すことができます。実際に深刻に必要は書類の収集を開始していきますが、一部の書面等に関しては、代理取得をしてくれるなどのサービスを行う事務所もあります。

その後も面談を2回から3回程行うことになり、それは月に1回から2回程です。依頼者の予定を優先しての面談ですので、相談をすることができできます。面談では資料の受け渡しや不動産利用状況などの質問などもあります。不動産につきましては、現地調査への同行をすることもありますし、財産評価額の概算などの中間報告なども行います。

面談の内容をベースとして、財産評価作業や各種検討作業が行われることになります。その上で財産の評価額の確定や報告がありますので、遺産分割協議に関連しての専門的なアドバイスを受けるとができます。何を誰が引き継ぐか、こうした決定は税金の金額も関わります。 遺産分割協議を行うこととなり、 遺産分割協議の結果をもとにして、遺産分割協議書及び必要な申告書が作成されることになります。

遺産分割協議書や申告書塁の最終書類に署名押印をして、全員の署名押印を行います。申告期限内に必要な税金を納めて、申告書を税務署へと提出することになります。

themanwhoneverdied