相続税対策で不動産を活用する方法があります

土地評価と相続税

土地を上手に活用する事が出来れば相続税の対策になります。元々土地や建物等の不動産は高いので、相続をする場合もそのうちの60パーセントを土地等の不動産が占めています。その為、相続税の対策としてこれらを活用する事はとても大事です。特にたくさんの資産を持っている人は、上手に活用する事で大きな節税効果を得る事が出来ます。
ではどのように不動産を活用すればよいのかというと、まずは正しい土地の評価をするという事が大切です。例えば土地の評価は、形状がいびつであったり、道路に面している部分が少なかったり、日当たりが悪かったりすると土地の評価額も低くなります。土地は価格が高いので、正しく評価する事で価格も変わり、納税額も変わってきますので、まずは正確に自分が所有している土地を評価する事が大事です。
次に相続をする財産の中に土地等の不動産があり、さらに更地があった場合は建物を建てる事で節税できるという事があります。そして、その建物をアパート等にして貸し家にすればさらに節税する事が出来ます。その理由は貸し家が建っている土地は、貸し家建て付け地となって土地の評価額は20パーセントほど低くなり、その結果おさめる税金も安くなるからです。
しかも家を貸し家にするメリットはこれだけではありません。貸し家にすると建物についても評価額は約30パーセントほど下がるので、さらに支払う税金も安くなります。

つまり、更地に家が建つだけで土地の評価額は20パーセント下がり、その建物を貸し家にする事で家の評価額は30パーセント下がります。その結果、現金で資産を残す場合よりも不動産を購入して残した場合のほうが、支払う税金の額は低くて済みますので、たくさん現金をもっていたり、更地が相続財産となるのであれば、不動産を購入したり賃貸経営を行うと良いです。

マンションと相続税

またワンルームマンションを購入すると節税効果は高くなります。特に駅の近くなど利便性の高い場所といった物件は、時価と相続税の評価額との差が大きいので節税効果が大きいです。
ワンルームマンションは、一棟のマンションを持つ場合と比べて、一つの建物の中の一部屋という事なので、土地を持っている権利の割合も低く、相続税の評価額が大きく減額されるというメリットがあります。
ただ、ワンルームマンションを購入する時に気をつけなければならないのは、駅に近いような人気物件であれば問題ありませんが、そうでない場合にせっかくマンションの一室を購入して賃貸にしても人が入らずに空き室になってしまう可能性もあります。
他にもタワーマンションを節税対策に活用する方法もあり効果的です。それはタワーマンションは部屋の個数も多いので、土地の持ち分が少なくなり、その結果土地の評価額が少なく計算されるからです。中には時価の5分の1ほどになる事もあります。しかしタワーマンションは人気があり、購入価格が高かったり、賃貸にする場合も家賃が高い為に空室になってしまう可能性もありますので注意が必要です。

themanwhoneverdied